セグメント情報(IFRS)

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

セグメント情報

全期間を国際会計基準(IFRS)で表示しております。

  • 2016年11月期より、「オルタナティブ・インベストメント事業」セグメントを廃止し、5つの報告セグメントと"その他"に変更いたしました。比較の為、前期(2015年11月期)の数値については変更後のセグメント区分に組み替えた数値で表示しています。

セグメント別売上高

(百万円)

セグメント別売上高

(百万円)

2014/112015/112016/112017/112018/11
売上高 49,981 43,006 49,818 57,754 61,543
不動産流動化事業 34,743 25,986 25,809 40,268 34,793
不動産開発事業 6,112 6,605 13,138 5,197 13,261
不動産賃貸事業 4,210 4,262 5,324 6,237 6,178
不動産ファンド・コンサルティング事業 958 2,444 2,329 2,802 3,038
不動産管理事業 3,459 3,574 4,005 4,637 5,232
その他 ※ 1,078 694 341 0 358
内部取引 (582) (559) (1,131) (1,388) (1,319)
2014/112015/112016/112017/112018/11
営業利益 5,560 6,891 9,279 9,833 10,875
不動産流動化事業 3,330 4,174 4,001 7,845 6,770
不動産開発事業 432 534 3,674 (408) 1,487
不動産賃貸事業 2,414 1,797 2,389 2,581 2,534
不動産ファンド・コンサルティング事業 174 1,464 951 1,273 1,616
不動産管理事業 227 146 141 278 453
その他 ※ 213 178 (17) (74) (45)
本社経費等 (1,233) (1,404) (1,860) (1,661) (1,941)

各セグメントの最新業績について

不動産流動化事業

 当連結会計年度は、「西台トーセイビル」(東京都板橋区)、「NU関内ビル」(神奈川県横浜市)、「池袋女子学生会館」(東京都豊島区)、「東戸塚ウエストビル」(神奈川県横浜市)、「吉祥寺イトウビル」(東京都武蔵野市)、「倉持ビルディング第二ビル」(東京都墨田区)、等44棟のバリューアップ物件の販売を行ったことに加え、Restyling事業において「ヒルトップ横濱根岸」(神奈川県横浜市)等で22戸の販売を行いました。 当連結会計年度の仕入につきましては、バリューアップ販売物件として、収益オフィスビル、賃貸マンション合わせて43棟、土地12件を取得しております。
 以上の結果、不動産流動化事業の売上高は34,793百万円(前連結会計年度比13.6%減)、セグメント利益は6,770百万円(前連結会計年度比13.7%減)となりました。

不動産開発事業

 当連結会計年度は、新築分譲マンションや戸建住宅の販売に注力いたしました。新築分譲マンションでは、「THEパームス祐天寺マスタープレイス」(東京都世田谷区)において、88戸を販売いたしました。戸建住宅では、「THEパームスコート越谷レイクタウン」(埼玉県越谷市)、「THEパームスコート鎌倉城廻」(神奈川県鎌倉市)、「THEパームスコート国立」(東京都国分寺市)、「THEパームスコート柏初石」(千葉県柏市)等において、102戸を販売いたしました。その他、商業施設1件、土地12件を販売いたしました。
 当連結会計年度の仕入につきましては、分譲マンション開発用地1件、ホテル開発用地2件、物流施設開発用地1件、51戸分の戸建住宅開発用地を取得しております。
 以上の結果、不動産開発事業の売上高は13,261百万円(前連結会計年度比155.2%増)、セグメント利益は1,487百万円(前連結会計年度は408百万円のセグメント損失)となりました。

不動産賃貸事業

 当連結会計年度は、保有する賃貸用棚卸資産37棟を売却したものの、新たに収益オフィスビル、賃貸マンション等29棟を取得し、また取得後の空室のリーシングに努めたことに加え、保有する固定資産及び棚卸資産のリーシング活動にも注力いたしました。
 以上の結果、不動産賃貸事業の売上高は6,133百万円(前連結会計年度比1.0%減)、セグメント利益は2,534百万円(前連結会計年度比1.8%減)となりました。

不動産ファンド・コンサルティング事業

 当連結会計年度は、前連結会計年度末のアセットマネジメント受託資産残高(注)552,208百万円から、ファンドの物件売却等により40,485百万円の残高が減少したものの、新たに大型案件のアセットマネジメント業務を受託したこと等により、151,636百万円の残高が増加し、当連結会計年度末のアセットマネジメント受託資産残高は663,359百万円となりました。当該大型案件の獲得により、アセットマネジメントフィーが増加し、売上に貢献いたしました。
 以上の結果、不動産ファンド・コンサルティング事業の売上高は2,982百万円(前連結会計年度比7.9%増)、セグメント利益は1,616百万円(前連結会計年度比26.9%増)となりました。
(注)アセットマネジメント受託資産残高には、一部コンサルティング契約等に基づく残高を含んでおります。

不動産管理事業

 当連結会計年度は、新規契約の獲得及び既存契約の維持に努め、当連結会計年度末での管理棟数は、オフィスビル、ホテル及び学校等で390棟、分譲マンション及び賃貸マンションで232棟、合計622棟(前連結会計年度末比43棟減少)となりました。
 以上の結果、管理棟数は減少したものの、手数料報酬が増加したことにより、不動産管理事業の売上高は4,015百万円(前連結会計年度比20.6%増)、セグメント利益は453百万円(前連結会計年度比63.1%増)となりました。