環境

「トーセイグループエコ宣言」を制定し、人と環境に優しい企業活動を推進することで、地球環境の負荷軽減に努めています。環境配慮型不動産の開発など、事業を通じた取り組みに加え、社員によるエコ活動にも力を入れています。

トーセイグループ エコ宣言

  • トーセイグループは、「トーセイグループ エコ宣言」ならびに「エコミッション」を制定し、トーセイグループのあらゆる企業活動における基本的な考え方として、グループ全体で環境への取り組みを推進します。

トーセイグループは、あらゆる不動産シーンにおいて新たな価値と感動を創造するという企業理念を掲げ、"都市に、心を。"の実現に向けて、人と環境に優しい企業活動を推進し、地球環境の負荷軽減に努めることを宣言します。

エコミッション~行動方針

トーセイグループは「エコ宣言」に則り、あらゆる企業活動を通じた環境負荷軽減・保全の取り組み、環境法規制の遵守、社員の環境教育など、以下の3つのミッションについて活動を推進します。

ミッション1

事業を通じた環境活動の推進

不動産の再生や開発において、省エネルギー、省資源に寄与する施策を積極的に導入し、環境負荷軽減に努めます。

ミッション2

環境法規制の遵守・環境意識の向上

環境法令・規則を遵守し、環境保全に努めるとともに、グループ社員の環境保全意識の向上に向けた各種施策を実施します。

ミッション3

ステークホルダーの皆様への活動報告

「エコ宣言」、「エコミッション」の公表をはじめ、活動の進捗・結果報告に努め、社会に向けたコミュニケーションを図ります。

事業を通じた取り組み

ECOPAL

当社が提供するマンション・オフィス・商業施設、全ての物件に導入する"エコフレンドリー"な付加価値(環境に配慮した仕様や設備等)を"ECOPAL"と称し、今後手掛ける物件に積極的に採用してまいります。

オフィス

緑化の推進

2006年より保有物件の緑化を積極的に推進しています。これまでに累計76棟、約3,673m2の緑化を実施しました。(2017年11月末現在)

壁面緑化
壁面緑化
屋上緑化
屋上緑化

「CASBEE評価認証」Aランク取得

トーセイが開発した3棟のオフィスビルにおいて、建築物の環境性能を総合的に格付けする「CASBEE」のAランク認証を取得しています。

平和島トーセイビル
平和島トーセイビル
蒲田トーセイビル
蒲田トーセイビル
虎ノ門トーセイビル
虎ノ門トーセイビル

大型中古オフィスの再生で「優良事業賞」を受賞

西台トーセイビル

安易にスクラップアンドビルドを行うことなく、既存建物を活かしながらマーケットニーズに合致した最適なバリューアップを施した点等を評価され、当社が再生を手掛けた最大規模となる空オフィス「西台トーセイビル」が一般社団法人全国住宅産業協会主催の第8回優良事業表彰「不動産関連部門」において優良事業賞を受賞しました。


遊休社宅を再生

横浜市都筑区

少子高齢化により人口が減少する中、空き家や空室対策が重要な課題となっています。そこで当社は、使用されていない企業の社宅を購入。一棟まるごとバリューアップや共同住宅への用途変更を実施し、既存建物を有効活用しています。


中古オフィスを自社ブランドホテルにコンバージョン

清掃活動

当グループ第2弾の自社運営ホテルとして誕生した「トーセイホテルココネ上野」では、全フロア空室の状態で購入した中古オフィスをホテルにコンバージョンしました。ホテルの顔となる1階エントランスは、天井を抜いて2階フロントに繋がる階段を創出。従前の雰囲気を一新させ、開放的でありながら、落ち着いた雰囲気の空間に仕上げています。 客室では、和のしつらえで一層日本らしさを感じていただける「ジャパニーズモダンルーム」や、最大4人までのグループ旅行者や家族で利用可能な「ファミリールーム」など多彩な客室タイプを用意し、海外・国内両方のニーズを取り込んだホテルに生まれ変わりました。今後も、中古オフィスであったことを感じさせない工夫をこらしたホテルコンバージョンを積極的に取り組んでまいります


環境配慮型設備の採用

新たな物件(新築・バリューアップ)の企画時には、40項目を超える、独自の環境商品リストの中から物件の特性に合わせて採用の可否を検討し、省エネルギー、省資源などさまざまな観点から環境商品を導入しています。LEDや省エネ型給湯器、省エネガラス、リサイクル資材などのほか、カーシェアリングや屋上菜園など様々な環境商品・システムを積極的に導入しています。

これまでに採用した主な環境仕様・設備

太陽光発電
電力一括購入システム

カーシェアリング
レンタサイクル

節水型水栓

省エネガス給湯

ペアガラス・省エネサッシ

GRESB リアルエステイト評価における「Green Star」評価取得

BRESB

トーセイ・アセット・アドバイザーズが資産運用業務を受託するOSJ Kinshicho TMKは、2018 年に実施された“GRESBリアルエステイト評価”において、高評価の「Green Star」及び「4つ星」を取得いたしました。また、トーセイは、ESGの取り組みに関する情報開示が優れていることを評価され、“GRESB開示評価”において5段階のうち最上位から2番目の「B」の評価を取得いたしました。


耐震・環境不動産形成促進事業に参画

トーセイ・アセット・アドバイザーズは、2013年に国土交通省と環境省が推進する耐震・環境不動産形成促進事業において、一般社団法人環境不動産普及促進機構(Re-Seed機構)が運営する第1号案件のファンド・マネージャーに選定されました。2017年は、2物件において新ファンドを組成し、そのうち1物件で「建築物省エネルギー性能表示制度(Building Energy-efficiency Labeling System)」(以下BELS)の4つ星評価を取得しています。


テナント啓発活動

トーセイが保有する固定資産に入居するテナント様に向けて、オフィスビルのサステナビリティ向上に関するガイドブックの配布やアンケートの実施、ポスター掲示などを実施し保有資産の省エネルギー化を推進しています。


LED工事

トーセイが保有する固定資産の全館LED照明の導入を推進しています。


住まい

自然との共生を考えた街づくり

THEパームスコート越谷レイクタウン

THEパームスコート越谷レイクタウンは、四季の移ろいを感じる植栽を整備するなど、自然との共生を考えた街づくりを推進しています。

四季の移ろいを感じる様々な植栽

ネットゼロエネルギーハウス(ZEH)開発

BRESB

トーセイ及びグループ会社のトーセイ・アーバンホームが合同で施工、販売を行っている「THEパームスコート鎌倉城廻」で、アーバンホームがトーセイグループ初となるネットゼロエネルギーハウス(以下ZEH)を建築し、完売しました。アーバンホームは、経済産業省が推進しているZEH支援事業の「ZEHビルダー」に登録し、2020年までに年間の自社供給物件の60%をZEHにすることを目標としており、2018年11月末の時点で、43%まで進捗しています。今後もZEHの普及拡大を通して、CO2削減に貢献してまいります。

THEパームスコート鎌倉城廻
コモド・カーサ南万騎が原

金融機関からの評価

環境評価融資

環境に配慮した事業活動を行う経営姿勢が評価され、環境評価融資の金利優遇を受けることができました。

社員によるエコ活動

トーセイグループは、地球温暖化防止と、持続可能な社会の発展に向けた環境負荷軽減に努めるべく、社員一人ひとりが環境保全の意識を高め、身近な行動から実践していくことを目指しています。各部からメンバーを選出したプロジェクトチームが主体となり、社内のエコ活動を推進しています。

屋上菜園

本社ビルである虎ノ門トーセイビルの屋上では、ヒートアイランド現象緩和への貢献に加え、社員の環境に対する意識の向上・グループコミュニケーションの活性化等を目指し、2010年5月から屋上菜園を運営しています。季節に合わせた花や野菜を育て、"収穫祭"を開催するなど、社員参加型のイベントを通して、従業員の環境意識向上を図っています。

苗植えの様子
苗植えの様子
満開のチューリップ
満開のチューリップ
収穫した野菜
収穫した野菜

イベントへの参加

植樹活動

植樹

東京都主催の『海の森』植樹イベントに7回連続して参加しました。 「海の森」は、海から都心に向かう風の起点となると共に、CO2を吸収して地球温暖化やヒートアイランド現象を抑える効果をもたらすことが期待されています。社員の家族も多く参加し、楽しみながら環境意識を高めることが出来ました。

清掃活動

清掃活動

2009年より、地域ボランティア活動に参加しており、2018年は、葛西海浜公園における漂着ゴミの清掃イベント『西なぎさ発:東京里海エイド』へ参加しました。漂着ゴミ発生の原因調査に役立てるため、収集したゴミの種類や量の集計も行いました。当社は今後も環境保全活動を推進してまいります。

より身近なエコアクション

クールビズ・ウォームビズ

クールビズ・ウォームビズ

フロアごとにこまめな室温管理を実施するなど、省エネ・省資源につながるエコ活動を継続して行っています。

文具リユース、コピー用紙削減

手軽に始められるエコ活動として、文具リユースやコピー用紙の削減に努めています。

社員の名刺に環境配慮の新素材を採用

LIMEX

2018年よりグループ社員の名刺を「LIMEX」という石灰石が原料の新素材に変更しました。この素材は、水や木をほとんど使わないため、環境に優しい素材です。一人当たり年間約500枚を消費する名刺を環境配慮素材に代替することで、紙資源の削減と社員の環境意識向上を目指しています。