環境

「トーセイグループエコ宣言」を制定し、人と環境に優しい企業活動を推進することで、地球環境の負荷軽減に努めています。環境配慮型不動産の開発など、事業を通じた取り組みに加え、社員によるエコ活動にも力を入れています。

環境に関する目標とビジョン

トーセイグループは、昨今の地球環境をとりまく状況の変化、温暖化ガス排出削減など、喫緊の課題に鑑み、不動産事業会社として果たすべき企業の責任を重く受け止めています。環境への取り組みを強化すべく、2009年4月に「トーセイグループエコ宣言」を制定し、3つの行動方針であるエコミッションに基づいて事業活動を展開しています。

トーセイグループ エコ宣言

トーセイグループは、「トーセイグループ エコ宣言」ならびに「エコミッション」を制定し、トーセイグループのあらゆる企業活動における基本的な考え方として、グループ全体で環境への取り組みを推進します。

トーセイグループは、あらゆる不動産シーンにおいて新たな価値と感動を創造するという企業理念を掲げ、"都市に、心を。"の実現に向けて、人と環境に優しい企業活動を推進し、地球環境の負荷軽減に努めることを宣言します。

エコミッション~行動方針

トーセイグループは「エコ宣言」に則り、あらゆる企業活動を通じた環境負荷軽減・保全の取り組み、環境法規制の遵守、社員の環境教育など、以下の3つのミッションについて活動を推進します。

ミッション1

事業を通じた環境活動の推進

不動産の再生や開発において、省エネルギー、省資源に寄与する施策を積極的に導入し、環境負荷軽減に努めます。

ミッション2

環境法規制の遵守・環境意識の向上

環境法令・規則を遵守し、環境保全に努めるとともに、グループ社員の環境保全意識の向上に向けた各種施策を実施します。

ミッション3

ステークホルダーの皆様への活動報告

「エコ宣言」、「エコミッション」の公表をはじめ、活動の進捗・結果報告に努め、社会に向けたコミュニケーションを図ります。

環境分野の目標設定

環境への取り組みを推進するにあたり、以下の3つの分野で削減目標を設定しています。基準年は、2018年と定め、長期目標は2023年までとしています。

 省エネルギー・温室効果ガス排出削減目標節水目標廃棄物排出量削減目標
長期目標 エネルギー使用原単位・温室効果ガス(GHG)排出原単位を5年間でそれぞれ5%削減 水使用量を5年間で2.5%削減 廃棄物発生量を5年間で2.5%削減
短期目標 エネルギー使用原単位・温室効果ガス排出原単位を1年間でそれぞれ1%削減 水使用量を1年間で0.5%削減 廃棄物発生量を1年間で0.5%削減
対象物件

当社保有の固定資産

実績データ

エネルギー使用量

 2018年度2019年度2020年度
電気使用量の床面積原単位(kwh/㎡) 158.94 147.14 137.99
削減率(2018年対比) - -7% -13%
ガス使用量の床面積原単位(㎥/㎡)

121.95

116.31

110.37

削減率(2018年対比)

-

-5% -9%

温室効果ガス(GHG)排出量

 2018年度2019年度2020年度
電気 GHG排出量の床面積原単位(t-CO2/㎡) 0.080 0.065 0.067
削減率(2018年対比) - -19% -16%
ガス GHG排出量の床面積原単位(t-CO2/㎡)

0.273

0.291

0.264

削減率(2018年対比)

-

7% -3%

水使用量

 2018年度2019年度2020年度
水使用量の床面積原単位(㎥/㎡)
1.31 1.19 0.87
削減率(2018年対比) - -9% -34%

廃棄物排出量

 2018年度2019年度2020年度
廃棄物排出量の床面積原単位(t/㎡) 42.1 50.6 56.7
削減率(2018年対比) - 20% 35%

※対象物件は2018年時点から保有している固定資産です。なお、データ取得が1年分に満たない物件、マンション、区分所有、販売用不動産を除きます。

※床面積原単位の計算において入居率は考慮していません

※GHG排出係数は環境省・経済産業省公表「電気事業者別排出係数」に基づき、対象ビルが使用している電気事業者の排出係数を使用しています

※廃棄物排出量の床面積原単位は、トーセイ本社ビルのみを対象としています

持続する価値の創造 ~3つのValue UP Code~

新築およびバリューアップの商品企画時には、物件の特性に合わせて環境配慮型設備の採用を検討し、省エネルギー、省資源などさまざまな観点から環境商品を積極的に導入しています。
特に中古不動産を取得後にバリューアップを行う際は、「Security 安心&安全」、「Design 洗練&快適」、「Eco friendlyサステナブル&エコロジー」からなる「3つのValue UP Code」を踏まえ、持続可能な省エネ、省コスト、省資源につながる設備仕様の採用を検討しています。

これまでの主な環境配慮型設備導入実績

  • 屋上緑化・屋上菜園・庭園
  • 省エネ型給湯器(エコジョーズ・エネファーム)
  • 太陽光発電システム
  • 雨水利用設備
  • 省エネガラス
  • LED照明、人感センサー照明
  • 節水型水栓、節水トイレ
  • 電気自動車充電設備
  • リサイクル素材
  • カーシェアリング・レンタサイクル

事業を通じた環境負荷軽減

不動産の再生や開発において、省エネルギー、省資源に寄与する施策を積極的に導入し、環境負荷軽減に努めます。

不動産再生ビジネスによるCO2排出量削減

当社の不動産再生は、既存不動産を活かすことで資源の保全につながり、CO2排出量削減にも貢献しています。例えば、100年間の内に解体と新築を繰り返すスクラップ&ビルドと比較すると、既存建物を生かした不動産再生は工事で発生するCO2排出量を約31%削減できます。(当社試算による)

想定事例

・築20年のオフィスビル

・延床面積 10,000㎡

・構造 鉄骨造(S造)

前提条件(期間100年)

既存再生の場合

・50年で解体(新築2回)

・10年ごとに大規模修繕実施(計6回)

解体+新築の場合

・30年で解体(新築3回)

・10年ごとに大規模修繕実施(計4回)

中古オフィスビルのLED工事を推進

2019年に設定した削減目標を達成するべく、当社が保有する固定資産へLED照明の導入を推進しています。これまでに、中古オフィス2物件と中古物流倉庫においてLED照明工事を実施し、平均で30%電気使用量を削減しました。電気使用量とコストの削減の他、照度の改善やメンテナンスの手間が省けることからテナント満足度向上も期待されます。

淡路町トーセイビル
新橋フロンティアビル
新田倉庫

中古不動産を自社ブランドホテルに再生

当グループ第2弾の自社運営ホテル「トーセイホテル ココネ上野」では、全フロア空室の状態で購入した中古オフィスをホテルにコンバージョンしました。ホテルの顔となる1階エントランスは、天井を抜いて2階フロントに繋がる吹き抜けの階段を新設。また屋上には、ゲストが自由に過ごすごとができるルーフテラスを創出しました。
また、「トーセイホテル&セミナー幕張」では、老朽化した研修施設の運営事業をトーセイが譲受。その後、全館バリューアップ工事を施し、企業研修など団体の研修宿泊ニーズに応える施設に再生中しました。今後も、既存不動産を最大限に活かし、工夫をこらしたホテルコンバージョンを積極的に取り組んでまいります。

トーセイホテル ココネ上野
Before
After
屋上にルーフテラスを創出
トーセイホテル&セミナー幕張
Before
After
食堂をレストランに改修
Before
After
グループで宿泊可能な客室にコンバージョン

緑化の推進

環境負荷軽減への取り組みとして、中古不動産や開発物件に対して積極的に緑化を施しています。オフィスビルの屋上や壁面、分譲マンションの敷地内などこれまでに緑化した面積は、2020年11月末時点で累計で3,856m2となりました。開発中の商業施設やホテルにも導入予定です。

THEパームス調布マノアーガーデン
THEパームス調布マノアーガーデン
トーセイホテル ココネ上野御徒町

ネットゼロエネルギーハウス(ZEH)開発

THEパームスコート鎌倉城廻


トーセイ・アーバンホームは、経済産業省が推進しているZEH支援事業の「ZEHビルダー」に登録しています。2020年4月~2021年3月のZEH供給棟数割合は40棟中18棟、約45%となりました。
今後もZEHの普及拡大を通して、CO2削減に貢献してまいります。

主な仕様・設備

太陽光発電
高性能断熱材
エネルギー計測器

遊休社宅を再生

横浜市都筑区

少子高齢化により人口が減少する中、空き家や空室対策が重要な課題となっています。そこで当社は、使用されていない企業の社宅を購入。
一棟まるごとバリューアップや共同住宅への用途変更を実施し、既存建物を有効活用しています。

耐震・環境不動産形成促進事業に参画

第3号案件のスキ―ム図

トーセイ・アセット・アドバイザーズは、2013年に国土交通省と環境省が推進する耐震・環境不動産形成促進事業において、一般社団法人環境不動産普及促進機構(Re-Seed機構)が運営する第1号案件のファンド・マネージャーに選定されました。さらに、2014年、2017年にも、新ファンドを組成しました。

環境意識の醸成・教育

トーセイグループは、地球温暖化防止と、持続可能な社会の発展に向けた環境負荷軽減に努めるべく、社員一人ひとりが環境保全の意識を高め、身近な行動から実践していくことを目指しています。毎年、各部からメンバーを選出したプロジェクトチームが主体となり、社内のエコ活動を推進しています。

本社屋上菜園の運営

苗植えの様子

本社ビルである虎ノ門トーセイビルの屋上では、ヒートアイランド現象の緩和に加え、社員の環境に対する意識の向上・グループコミュニケーションの活性化を目指し、2010年5月から屋上菜園を運営しています。季節に合わせた花や野菜を栽培して、"収穫祭"を開催するなど、社員参加型のイベントを通して、従業員の環境意識向上を図っています。

イベントへの参加

清掃活動

2009年より、地域ボランティア活動に参加しており、2020年は、葛西海浜公園における漂着ゴミの清掃イベント『西なぎさ発:東京里海エイド』へ参加しました。漂着ゴミ発生の原因調査に役立てるため、収集したゴミの種類や量の集計も行いました。この活動を通じて、社会的課題であるゴミ削減や海洋資源の保護に関する意識向上を目指しています。

社員の名刺に環境配慮の新素材を採用

2018年よりグループ社員の名刺を「LIMEX」という石灰石が原料の新素材に変更しました。この素材は、水や木をほとんど使わないため、環境に優しい素材です。一人当たり年間約500枚を消費する名刺を環境配慮素材に代替することで、紙資源の削減と社員の環境意識向上を目指しています。

社内の省資源、省エネルギーに向けた取り組み

社内のITインフラを整備することで、会議資料や決裁書等のペーパレス化が進んでいます。その他、エアコンに頼らず、扇風機やハロゲンヒーターも併用するなど、地道な活動を継続しています。省資源、省エネの推進については、年間を通じた継続的な取り組みが重要と考え、社員一人ひとりが実施できる身近なエコ活動を引き続き啓発、実施してまいります。

第三者評価

トーセイグループでは、ESG方針やESG行動指針に基づく取り組みを推進、評価するベンチマークとして、また取り扱い不動産の信頼性向上のため、積極的に環境性能等に関する第三者評価を取得しています。

GRESBリアルエステイト評価に参加

2019年に初めてGRESBリアルエステイト評価に参加し、総合スコアでの相対評価「GRESBレーティング」で「1スター」を取得いたしました。

GRESBリアルエステイト評価とは・・・

実物資産(不動産・インフラストラクチャー)を保有・運用する不動産会社やファンドのESG配慮を測る年次のベンチマーク評価です。責任投資原則(PRI)を主導した欧州の主要年金基金グループを中心に2009年に創設されました。また、2019年実施のGRESBリアルエステイト評価には、世界で964の不動産会社やREIT、ファンドが参加しています。

DBJグリーンビル認証の取得

 

トーセイが開発し、保有しているオフィス「虎ノ門トーセイビル」「小石川トーセイビル」について、株式会社日本政策投資銀行による「DBJ Green Building 認証」を新規取得しました。

toranomon
虎ノ門トーセイビル
2019_score_2
koishikawa
小石川トーセイビル
2019_score_1

DBJグリーンビル認証とは・・・

DBJグリーンビル認証とは、環境・社会への配慮がなされた不動産の評価を通じ、事業者と金融機関・投資家の架け橋となることを目的に平成23年4月に日本政策投資銀行(DBJ)が創設した認証制度です。建物の環境性能に加え、当該物件を取り巻く様々なステークホルダーからの社会的要請への配慮等を含めた総合評価を通じて、既存ビルのESGの取り組みを支援しています。

金融機関の環境評価融資活用

物件取得時の資金調達にあたり、各銀行が実施する「環境に配慮した経営を行う企業」を対象とした融資制度を活用しています。みずほ銀行、八千代銀行の環境評価融資のほか、北陸銀行の環境評価融資制度「エコリード・マスター」では2010年以降、計7回の金利優遇を受けました。融資制度の環境ランク評価においては、“環境に配慮した事業活動”や“ESGを意識した取り組み”をグループ全体で推進する経営をご評価いただきました。

トーセイ・アセット・アドバイザーズにおける環境不動産認証取得の推進

トーセイ・アセット・アドバイザーズは、AM業務を受託するオフィスビルに対しLED照明工事をはじめとする環境配慮型設備の導入やエネルギーモニタリング、グリーンリース契約締結等を提案・推進することで様々な認証取得に取り組んでいます。

GRESBリアルエステイト評価で「4スター」を取得

トーセイアセットアドバイザーズがAM受託するOSJ Kinshicho 特定目的会社とOSJ NSY 特定目的会社では、「Green Star」及び「4スター」を取得しました。

gresb2020
index_im28

DBJグリーンビル認証の取得

墨田区オフィスビル
横浜市オフィスビル

BELSの取得

墨田区
オフィスビル
台東区
オフィスビル
横浜市
オフィスビル

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)とは・・・

国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認証制度の一つです。