TOSEI 東日本大震災支援活動 トーセイグループでは、2011年に発生した東日本大震災に対する支援活動を継続しています。
東北地方に未曾有の被害をもたらしたこの震災は爪痕が深く、復興にはまだ長い年月が必要です。当社グループでは、今後も支援を継続してまいります。
  • 支援活動
  • 様々なボランティアを実施
  • 義援金の寄付

トーセイグループの支援活動

トーセイグループでは、2011年からボランティアや専門家の誘致、寄付等による支援活動を行っています。

震災直後は、各地の災害ボランティアセンターを通じて、瓦礫撤去やヘドロの掻き出し等のボランティア活動を行っておりました。震災から1年後には災害ボランティアセンターの設置が減ったことから、宮城県東松島市に拠点を置きボランティア活動を行うNPO法人「児童養護施設支援の会」と協力し、支援活動を継続しています。被災地で"いま必要なこと"に応えるべく、柔軟性を持って様々なボランティア活動を行っています。

様々なボランティアを実施

仮設住宅等におけるお祭りの出店支援

2012年~2014年にかけて、様々なエリアから人が集まっている仮設住宅において、地域のコミュニティ形成を目的としたお花見祭りや夏祭りに計4回出店支援を行いました。子ども達が楽しめるブースでは、ヨーヨー釣りや射撃、輪投げなどを用意し、飲食ブースではかき氷やたこ焼き、わたあめなど、その時に必要なブースを当社で請け負い、お手伝いいたしました。

グラウンドの整備

2015年は、グラウンドの整備を行い、観戦スペース(約400平米)への芝生張りと、グラウンド内にはびこる雑草の除草を実施しました。被災地では子ども達が安全に走り回って遊べる場所がまだ少ないことから、子ども達の遊び場兼野球場として使われているグラウンドの整備を行うことになりました。今では芝生もしっかり根付き、雑草も地元の方々が率先して除草してくださっているおかげでグラウンドとして活用されています。

保育所遊具のペンキ塗り

2016年は、サビだらけになった保育所の遊具を整備いたしました。遊具のサビは相当進行しており、子どもが遊ぶとサビが手についてしまう状態だったため、やすりでサビを削り取り、ペンキを塗る作業を行うことになりました。2日をかけ、大型の遊具・鉄棒・うんてい・のぼり棒をカラフルに仕上げることができました。"遊具が綺麗になり、子ども達が元気に喜んでいる"と、嬉しいご報告をいただいています。

保育所での歯科講習

宮城県東松島市の保育所において、震災後予算が下りずに各保育所で歯科講習が実施できていないとの報告を受け、歯科医師や歯科衛生士の方をお招きし、東松島市にある全ての保育所で歯科講習を実施しました。歯科衛生士の方から子ども達に対し、歯磨きの大切さと、年齢別に歯磨きの方法をしっかりと教えていただきました。また、これからのことを考え、保育士の方々に向けた歯磨き指導の講習会も実施していただきました。
なお、当社からは子ども達に歯磨きセットやハンドタオルなどをプレゼントしています。

義援金の寄付

トーセイグループでは、ボランティア活動のほか被災地への義援金の寄付も継続しています。近年では、協力しているNPO団体へ活動資金として寄付を行い、保育所における設備の修繕費、震災遺児へのプレゼントなどに活用いただいています。また、グループ社員からも毎年義援金を募り、同法人への活動費や、保育所への寄付を行っています。

  • なお当社グループでは、熊本・大分で発生した熊本地震においても義援金の寄付を行っております。

トーセイグループでは、今後も東日本大震災で被災された地域での支援活動を継続してまいります。